読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記20

こんばんわ

今日も今日とて春休み

明日鳥取から大阪に帰ります

今回の帰省は何かしたかなあと思い出しています

受験を終えた浪人生と出会ったり、絵を書いたり、アニメを見たり、温泉に行ったりしました

今日温泉に行ってきたんですけどそこで中高一緒の友達と会いまして

確か前に会ったのは夏休みに大阪戻るとき一緒のバスに乗り込んだ時だったかな

まあそんなことはどうでもええか

その友達と露天風呂に入りながら近況を報告しあっていました

ふとまあ最近思うのが

昔からの友人と会ってまず話すのが近況報告なのはどこか寂しいなってことです

近況報告からの現状への愚痴、みたいな前世で100万回は見たこの流れ

大学生になってからというものこればっかりです

中高は楽しかった、大学は思ったほど楽しくないと

ほんと大学生になってから何回言ってんだこのセリフを

僕たちの未来に希望はあるのか

希望は、hopeは、握ったメッセージはそこにあるのかと

無限の可能性を秘めて無敵だった小学生の頃の僕はどこにいったのかと

まあこんなこと言ったってしょうがないです

しょうがないんです

今ではTwitterとか、僕はやっていませんがFacebookみたいな便利なツールがありますから

こいつ今はこんなんやってんだなって知れることは良いことですね

いくら仲が良かったと言えど定期的に連絡取らないと

アレになっちゃいますから、アレに

ブログをしているというのに"アレ"という言葉に頼ってしまうの良くないですね

もうなんか語彙がアレって感じですよ

マジでヤバい

今日はたくさん書けそうな感じがしてたんですが結局この程度しか書けなさそうです

自分の表現の幅が狭い、ということももちろんありますが

他人に見てもらいたいという欲求とともに

自分の考えを他人に知られることに恐ろしさや恥ずかしさを覚えるからです

でもブログとかTwitterとか立派にやっちゃってますから

見てもらいたいという欲求の方が多分大きいですね

この矛盾、どうにかできないものですかね

それでは