読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記16

やあやあ、おおにしだよ

昨日寝落ちしたせいで更新し忘れていてね 、僕の連続更新記録と連続23時59分更新記録が途切れていしまいましたね。そこで考えたんですが、この記事のタイトル「16日目」なんですけど、まあ前の記事が15日目だったんでこうなるのは当然かもしれませんが、更新が1日途切れてしまったせいでブログ開始から17日目なのにブログのタイトルが16日目というズレが生じてしまったんですよ。これはいけませんなあ。更新しない日があるなんて考慮してなかったです。このタイトルでブログ始めた奴の頭の悪さがバレてしまいます。次の更新までにタイトル変更しときます。まあ、多分「日記17」みたいなほとんど変わらんやつになるでしょうや。

寝落ちした昨日ですが、なんで寝落ちしたかっていうとその日電磁気のテストがありまして、テスト勉強とは名ばかりのSkypeしながら徹夜してたわけなんですね。まあお察しの通り勉強なんてしてないしてない。 テスト中は埋まらない解答欄を見つめていろんなことを考えていました。昨日勉強ちゃんとしておけばよかったとか、いや昨日どころか1週間前くらいから始めるべきだったとか、今の自分はとても情けないなとか、親が見てたら泣いてるなとか、小学校の頃の自分が今僕のこの大学生活を見てたら何て言うだろうなとか、小学校の頃とか中学の頃は大学行く気なんてこれっぽちもなかったなとか、いつも昼休憩に校庭に出てサッカーしてたあの時代に戻りたいとか。とにかく僕は目の前にあるテストから必死に現実逃避していたんです。そしてテストと全く関係ないそんな考え事にふけりながら僕はある結論に達したわけです。今の僕はもっと胸を張っていいということ。大学なんて行く気の無かった僕が今やこうしてちゃんと大学生として期末試験を受けている。立派ではありませんか。小学生の頃の僕にこう言ってやりたいです「俺は旧帝国大学大阪大学またの名を世界適塾の誇りある一員や」と。立派ではありませんか。小学生の頃鼻水たらしながら光る泥団子を作ることに精を出していた少年も今や世界適塾生。これが圧倒的成長ってやつです。そういうわけで僕は電磁気の単位よりもとても大切なことに気付くことができました。白紙の解答用紙のおかげで僕は自己肯定できるようになった。サンキュー電磁気。グッバイ電磁気。

とまあテスト中はこんなくだらんこと考えていたんですが、今こうやって文字に書き起こしてみるとまあやっぱりくだらん。よくもまあこんな便所の落書きみたいな思考をこうやってブログで晒せるものだと。そういえば気付かれた方もいらっしゃると思いますが、今回はブログの形式を変えて改行をあまりしないように書いてみました。が、ダメですね。こうするとダラダラ駄文を重ねてしまう。これでは便所の落書きどころか肥溜めそのものです。こういう書き方は何かテーマがあるときにしようと思いました。でも多分気分で変えます。そういう人間ですので。

では今日はここまでにしときます。寝ます。生活リズムが死んでるので今から日付変わるあたりまで寝てると思います。明日は線形代数の再試験なので起きたら、勉強するぞい。